上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在使用しているカーネルのバージョン、およびそれと同じバージョンのカーネルを含むパーティションのGRUB上での認識記号を表示するツール

Ubuntu9.04用のGTKツール(GUI版)です。他のバージョンでも正常に動作するかもしれません。
ただし、内蔵HDDにインストールされたUbuntuで起動している場合にのみ正常に動作します。

現在使用しているカーネルのバージョン、および、それと同じバージョンのカーネルを含むパーティションのGRUB上での認識記号を表示します。ただし、Ubuntuが起動してからGrubが認識している記号は、起動時にGrubが認識している記号とは異なる場合があります。

以下のファイルをダウンロード(右クリックして保存)してファイル名をshowKernelverGrubDev.shに変えてください。
showKernelverGrubDev.txt

そして、Ubuntuなどの端末でダウンロードしたファイルの存在するディレクトリに移動して、
$ bash ./showKernelverGrubDev.sh
で実行してください。
もしくはダウンロードしたファイルを右クリックして「プロパティ」ー「アクセス権」で
「プログラムとして実行できる」にチェックすれば、
ダブルクリックで「実行する」をクリックすることでも使えるようになります。

showKernelverGrubDev.txt
の内容は以下のとおりです。


#!/bin/bash
gksudo -m "Grubで情報を得るためにパスワードを入力してください。" sleep 5
kernelver=$(uname -r)
a=$(sudo grub --batch <find /boot/vmlinuz-${kernelver}
quit
EOF
)
b=$(echo $a|sed -e "s/grub>/\n/g"|grep vmlinuz-${kernelver}|sed -e "s/find \/boot\/vmlinuz-${kernelver}//")
c=""
e=$(more /etc/mtab|grep " / "|cut -d" " -f1)
d=$(echo $e|cut -c9-)
if [ -z "$d" ]
then
zenity --warning --text="/パーティションのデバイスファイル名を正しく取得できませんでした。終了します。"
exit 0
fi
d=$(expr $(echo $d) - 1)
for a in $b
do
if [ "$(echo $a|sed -e "s/(hd[0-9]\,//"|sed -e "s/)//")" = "$d" ]
then
c=$(echo "$c $a")
fi
done
zenity --info --width=400 --text="現在起動しているUbuntuの/ディレクトリを含むパーティションのデバイスファイル名は\n$e\nです。\n現在使用しているカーネルのバージョンは\n${kernelver}\nです。\nこのカーネルを含むパーティションのGRUB上での認識記号は\n$c\nです。"
exit 0

関連記事

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kiyoshi

Author:kiyoshi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
since 2011/9/25
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。